Microsoft Build: Power Platform でのローコード開発を刷新する新たな製品と機能を発表

(本投稿は米国時間2022年5月24日付のブログ投稿の日本語抄訳です。内容に齟齬がある場合、原文を正とさせていただきます。)

今年の Microsoft Build では、Microsoft Power Platform でのローコード開発が、すべての開発者にとってさらにスピーディーで使いやすく革新的なものになることが発表されました。

本日は、その楽しみな Microsoft Power Platform の新製品と、Microsoft Power Platform 全体に追加されたさまざまな新機能について紹介したいと思います。

新しい Microsoft Power Pages でモダンなビジネス向け Web サイトを作成

Power Pages は、ローコード開発のためのさまざまな機能とエクスペリエンスが揃った新しいスタンドアロン製品です。データを活用した安全性の高いモダンなビジネス向け Web サイトをだれでも簡単に構築し、開できます。開できます。

Power Pages のデザイン スタジオで新しいプロジェクトを作成して、簡単にビジネス向け Web サイトのスタイルを設定し、構成を行い、公開することができます。作成したサイトのページのデザインには、テキスト、動画、画像、ビジネス データと連携させたフォームやリストなどを使用できます。

また、Power Pages に標準で用意されたビジネス ソリューション テンプレートを使用することも可能です。デモ データの使用やカスタマイズが可能なフル機能の Web サイトであるため、スケジュール管理、ユーザー登録、申請書提出などの作成済みテンプレートを使用して、すぐにサイトの構築を始められます。

Power Pages は、ローコード開発者だけでなく、プロ開発者のためのツールでもあります。コードファーストの機能を利用でき、Visual Studio Code、GitHub、Azure DevOps ともシームレスに統合されています。こうした統合により、開発者は高度なビジネス要件を満たすことができるだけでなく、開発ワークフローを自動化したり、継続的インテグレーション/継続的デプロイメント (CI/CD) の開発手法を効果的に活用したりすることができます。

また、ロールベースのアクセス制御や、Microsoft Azure と Microsoft Dataverse に組み込まれているセキュリティ機能やコンプライアンス機能を活用して、Web サイトのコンテンツやデータを保護することができます。IT 管理者は、センター オブエクセレンス (CoE) ツールキットを活用して、サイトの作成プロセスや運用プロセスを管理できます。

また、Power Apps ポータルを起源とする Power Pages は、拡張性の高いプラットフォームとして、既にあらゆる業界の数百万人のユーザーをサポートしています。

Power Pages の詳細はこちら (英語)

エクスプレス デザインを使用して、画像やデザイン ファイルからローコードで Power Apps アプリを自動生成

Power Apps で、Figma デザイン ファイル、PDF、記入用紙、さらに、アプリ画面の手描き図といったあらゆる入力データから、実際に動作するローコード アプリを自動生成できるようになりました。業界をリードするコグニティブ AI 技術を活用して、さまざまな種類の入力データを数秒でスキャンし、バックエンドにデータ ストレージを備えたアプリ コントロールを生成します。

生成されたアプリの入力コントロールを確認し、データ コネクタを接続すれば、アプリを利用できるようになります。画像を追加するには、新しいコンテンツやファイルをアップロードして変換するだけです。

エクスプレス デザインと Power Apps の詳細については、こちら (英語)

Power BI のデータマートでデータの自己調達が容易に

Power BI のデータ マートは、さまざまなデータ ソースから簡単かつスムーズにデータを取り込むことができるセルフサービスの機能です。データは Power Query を通じて抽出、変換、読み込み (ETL) が行われ、レポート作成にそのまま使用できる調整不要のデータセットが自動生成されます。

リレーションシップやポリシーの定義も、データマートの作成者、つまり、ビジネス インテリジェンス ユーザー、データ サイエンティスト、データ エンジニアといったデータ分析のエキスパートが、そのデータマート内で行うことができます。定義したリレーションシップやポリシータ ーザータ ーションシップやポリシータ、Power BI のレポートやダッシュボードの作成に活用できます。また、使い慣れた T-SQL ツールを使用してデータマートでクエリを実行し、さらに分析を行うことも可能です。

経理や財務関連の分野や部署で業務を行うビジネス ユーザーは、Power BI のデータマートを使用することで、専門分野のアプリに慣れていなくても、データを独自に集積して、これまで以上にすばやく業務上の疑問を解決できるようになります。

Power Pages、エクスプレス デザイン、Power BI のデータマートは、迅速なソリューション開発や生産性向上を目指すマイクロソフトの継続的な取り組みを象徴するものです。

データマートおよび Power BI のその他の最新情報については、こちら (英語)

Power Virtual Agents 2.0 でさらに進化した対話型 AI ボットを構築

マイクロソフトは、ローコードとプロコードのボット開発環境を 1 つのキャンバスに統合して、フュージョン チームによる開発をさらに高いレベルへと引き上げようと考えています。Power Virtual Agents を進化させるには、まず、Azure Bot Framework Composer の洗練されたプロコード機能と、Power Virtual Agent の簡潔なローコード開発プラットフォームを統合して、新しいインテリジェント ボット作成エクスペリエンスを実現します。これにより、プロ開発者と特定分野のエキスパート (SME ) 1 つのマイクロソフト ボット構築環境でさらに容易に協力しながら開発を行えるようになります。現在は、テクノロジ プレビューとして利用可能です。

Power Virtual Agents の作成キャンバスが一から設計し直されたことにより、ボット作成の可能性が大きく広がりました。新しい作成キャンバスでは、GUI ベースのエクスペリエンスとコーディング エクスペリエンス間をシームレスに切り替えられる機能が追加されました。また、リッチなマルチメディア応答に対応したため、画像、動画、アダプティブ カード、クイック リプライにボットが応答できるようになりました。

これらの機能を試すには、プレビューにお申し込み (英語いただくか、Dynamics 365 Insider Program に登録 (英語)、クリックスルー デモ (英語)

Power Virtual Agents の新しい作成キャンバスとその他の最新情報をご確認ください。

クラウドによるスケーリングの自動化

自動化における次のステップは、クラウド移行です。マイクロソフトはその第一歩として、Power Automate でホスト型 RPA ボットのプレビュー提供を開始しました。RPA 向けの真の SaaS (サービスとしてのソフトウェア) として無人 RPA ボットを作成し、Azure でホストされた仮想マシン (VM) 全体に自動的にスケーリングできるようになりました。

煩わしい承認処理が必要だったり、ソリューション導入にコストをかけていた時代は終わりました。Power Automate のホスト型 RPA ボットなら、基本的なパラメーターを設定してボットのグループを作成するだけで、無人 RPAのシナリオに合わせて仮想マシンを自動的にスケーリングしながらボットを利用することができます。Azure のサブスクリプションは必要ありません。

Power Automate がマシン管理のすべてを引き受けるため、ユーザーは最も必要なことに集中できます。

プレビューを利用するには、Power Automate マシンのページ (英語)、マシン グループの管理に関するページ (英語)

ホスト型 RPA ボットと Power Automate のその他の最新情報については、こちら (英語)

Power Automate の組み込みと購入がさらに容易に

Power Automate の埋め込み用 SDK が更新されました。開発者はこれを利用することで、Power Automate の機能を自身の SaaS アプリ内に埋め込むことができます。また、これに併せて、Power Automate の新しい従量課金プランも将来的に利用できるようになる予定です。

この SDK と従量課金プランの組み合わせにより、ISV は、Azure サービスのように Power Automate を自社アプリに組み込み、顧客に代わって料金を支払うということができるようになります。

この数か月にわたり、マイクロソフトは Adobe と提携して取り組みを進めてきました。Adobe はこの埋め込み用 SDK を活用して Power Automate を Adobe Acrobat Sign に埋め込み、高度な文書の署名と処理のワークフローを実現する最初の組織となります。

Adobe のデジタル メディア担当 SVP 兼 GM を務める Ashley Still 氏は、次のように述べています。「この 2 社ほど、今日のハイブリッドな世界におけるビジネス上の必須課題、つまり、PDF と電子署名を核とした簡単かつ安全なデジタルファーストのエクスペリエンスの実現に対応できる企業はありません。本日発表した Adobe とマイクロソフト製品の緊密な統合を通じて、今もアジャイルかつ急速に進化を続けている従業員の力をさらに引き上げるために、イノベーションを続けていきます」

Technical Embed SDK は本日よりご利用いただけます。詳細はこちらのブログ記事 (英語でご確認ください。従量課金プランについては、2022年 7月に開催する Microsoft Inspire で詳しくお伝えする予定です。その間、Technical Embed SDK の早期利用に関心をお持ちの場合は、こちらからご登録 (英語)

次のステップ

今回ご紹介した機能の詳細は、Microsoft Power Platform のブレイクアウト セッション (英語)

  • Power up your development efforts with the latest low code innovations (最新のローコードのイノベーションを通じて開発作業を支援)
  • What’s new in the world of Microsoft Power Apps (Microsoft Power Apps の新機能)
  • What’s new for Microsoft’s Conversational AI and Power Virtual Agents (マイクロソフトの対話型 AI と Power Virtual Agents の最新情報)
  • Accelerate innovation and achieve agility on a trusted, integrated platform with hybrid and multicloud capabilities (ハイブリッド機能とマルチクラウド機能を備えた信頼できる統合プラットフォームでイノベーションを加速し、アジリティを実現する)
  • How to accelerate cloud automation and conversational bot development for developers (開発者のためのクラウド自動化と対話型ボット開発を加速する方法)

詳細は Microsoft Power Platform Web サイトをご覧ください。また、Jeff Teper が執筆した記事「Microsoft Teams でコラボレーション アプリを構築する (英語)」もお読みください。

.

Leave a Comment